月刊ニュースレター

月刊ニュースレター

月刊おがわ通信

2010年10月号 「がん保険」の新商品が発売

皆さんこんにちは!

ようやく秋らしくなってきましたが、

今年の夏は本当に暑かったですね。猛暑、

酷暑では表現できないほどの暑さでした

が、いかがお過ごしですか。

 

さて、11月に損保ジャパンひまわり生命から「がん保険」の新商品が発売となります。

そこで今月は我々にとって、もっとも身近で、もっとも怖い病気である「がん」について考えてみたいと思います。

 

そもそも「がん」はどうしてできるのでしょう。

 

がん細胞は決して特殊な細胞ではありません。もともと自分の細胞です。

私たちの体は約60兆個の細胞からできており、毎日細胞分裂を繰り返しています。

細胞分裂の過程で、DNAの複製(コピー)ミスなどの様々なエラーが発生して遺伝子を傷つけ(突然変異)ます。突然変異した遺伝子からは、突然変異したタンパク質が生まれ、それがいくつもの段階を経て、正常細胞からがん細胞に変身していきます。

 

私たちの体は常にがん細胞が発生しています。一日で約1,000~2,000個はミスコピーの細胞ができると言われています。万一がん細胞が現れてもまだ数が少ない段階なら、リンパ球などの免疫細胞が退治してしまいます。ただし、ストレスなどで免疫力が低下したり、また環境要因や生活習慣などががん細胞に味方した場合、がん細胞はしたたかに成長していきます。

 

「がん」という病気が肉眼(レントゲン・CT・エコー・内視鏡)で確認できるのは、がん細胞が約1億個集まって1cm程の大きさになってからです。1億個の塊になるまでには数年から十数年かかります。

 

「がんの2015年問題」が非常に話題になっています。「がんの2015年問題」とは・・・・・「がん」は加齢とともに増加するため、団塊の世代が65歳を超える2015年に、「がん」の罹患者数がピークを迎え、2050年までほぼ横ばいの状況が続くと言われています。がん患者は1999年時点の298万人から、2015年には533万人へと倍増します。2004年では日本人の3人に1人が「がん」で亡くなっていますが、2015年には2人に1人が「がん」で亡くなると予想されています。

 

「がん」はいまや不治の病ではありません。早期発見ができれば、「がん」の種類によりかなりの確率で生存率が上がります。また、治療方法も日進月歩で進化しています。

「がん」治療の代表的なものは外科手術、化学療法(抗がん剤)、放射線治療、免疫療法等や今評判となっている「免疫細胞療法」や放射線治療の一種である「重粒子線治療」や「中性子線治療」、の高度先進医療が有ります。

 

ただし、高度先進医療は健康保険が使えず、非常に多額な治療費が必要となります。また発病した「がん」の種類により治療が長期化し、仕事を継続することも困難となり、治療費、生活費で家計が大変なこととなります。

 

2010年11月より損保ジャパンひまわり生命から発売される新商品は、ペットネーム「勇気のお守り」という「がん保険(2010)」です。新商品の内容はここではご説明できませんので、皆さまには弊社の営業社員からご案内をさせていただきます。なお、ご興味のある方はお早めにお申し出ください。

 

 

 

10月号「クロスワードパズル」の回答は・・

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単でしたか? 多数のご応募をいただきありがとうございました。

抽選の結果、下記の皆さまにギフト券を発送させていただきます。

 

*秩父市  K様   *長瀞町  I様   *秩父市  N様

*熊谷市  S様   *本庄市  H様

 

月別バックナンバー
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年5月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年11月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年12月
  • 2006年11月
  • 2006年10月
  • 2006年9月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年6月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • 2006年3月
  • 2006年2月
  • 2006年1月
  • 2005年12月
  • 2005年11月
  • 2005年10月
  • 2005年9月
  • 2005年8月
  • 2005年7月
  • 1 ~ 1件 / 全1件

    月刊おがわ通信|月に1回、保険に関する役立つ情報をお届けしております。

    多様な働き方実践企業