月刊ニュースレター

月刊ニュースレター

月刊おがわ通信

おがわ通信 6月号

BCP(事業継続計画「Business Continuity Plan」)に伴って

防災備蓄品並び避難リュックを

新たに設置しました

今、新聞 テレビ等で地震、台風等の自然災害の話しが増えて来ました。ライフラインは経済産業大臣に認定された『事業継続力強化計画』認定企業ですので、新たな対策として、災害時のために防災備蓄品並び避難リュックを新たに増設しました。これで、緊急時でも従業員の安全を確保し、営業活動を円滑に再開できます。最終的にはお客さまへのサービスを継続できる体制の強化となります。

事業継続力強化計画(BCP「Business Continuity Plan」の略)とは、主に中小企業・小規模企業向けの防災・減災の事前対策計画のことです。 巨大地震や集中豪雨などの自然災害に加え、新型コロナウイルスなどの感染症にも対応した「事業継続力強化計画」も策定することで、万一の災害時の危機対応力を高め、ライフラインの営業活動をいち早く再開できるように考えたものです。万が一の際に、ライフラインへは連絡がつく、対応をしてくれるというお客さまへの安心の記しでもあります。BCP(事業継続計画)「Business Continuity Plan」は2通りありますので、この機会に説明致します。

経済産業省HP https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/antei/bousai/keizokuryoku.htm

 

 

事業継続力強化計画  単独型計画

単独型計画も連携型計画も、はじめに想定するリスクを洗い出します。自然災害であれば、まずはハザードマップを活用してリスクを把握しましょう。国や各地方公共団体では、地域の津波、洪水、土砂災害など自然災害リスクをわかりやすくお知らせするために、ハザードマップ(被害予想図)を公開しています。
地震予測については、防災科学技術研究所が公開しているJ-SHIS(地震ハザードステーション)などで、日本全国で将来発生すると予測されている地震および震度予測などを確認できます。
感染症については、いつでも、どこでも発生する可能性があり、感染の状況も日々変化します。このため、日ごろから最新かつ、正確なリスクに関する情報を入手することが大切です。たとえば、新型コロナウイルスについては厚生労働省のホームページ(https://www.mhlw.go.jp/index.html)などで最新情報を公開しています。

 

連携事業継続力強化計画  連携型計画

災害発生時には、自社が一時的に操業を停止したり、取引先が被災して復旧が遅れることもあります。日ごろから、競合を含めて関係する他社などと非常時に備えて連携することが有効です。連携型計画を策定し、「事業継続力強化計画」をより強化しましょう。以下は、連携型計画策定の主なメリットです。連携型計画は、単独型計画を策定していなくても策定可能です。

災害時でも安心して連絡が取れる保険代理店として、お客さまへ安心を提供する使命をもって日々活動しています。ご安心ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月刊おがわ通信

おがわ通信 5月号

損保ジャパンの「Driving!」「つながるドラレコ」で

自動車保険料も安くなって、

交通事故時の安心も倍増

👆損保ジャパンの事故対応の動画です。ご参考にご視聴ください

 

今年のゴールデンウイークは新型コロナウィルスに関する行動規制がなく、各行楽地で賑わいをみせています。久しぶりのレジャーで子供たちの笑顔を見ることができてホッとしております。さて、今月のコラムは自動車事故の対策についてです。昨今、あおり運転の横行でドライブレコーダーを設置する方が増えています。ドラレコ設置の増加によって交通事故での
確実な証拠があることで、事故での過失割合が正確に算出できるようになっています。
出会い頭、追突など、日本では年間約40万件(交通事故総合分析センター調べ)の交通事故が起きています。事故の相手方は選ぶことができません。あおり運転の相手方と万が一衝突してしまったら不安ではないでしょうか。

そこで、おススメいしたいのが損保ジャパンのつながるドラレコDriving!です。自動車保険の特約として、損保ジャパン指定のドライブレコーダーを設置を頂くだけです。
損保ジャパンのつながるドラレコDriving!は優れているのは、事故による強い衝撃を検知した場合、自動的に損保ジャパンや事前に登録したご家族・保険代理店に通知してくれるのです。自分で事故報告を行うこともせず、保険会社へ事故報告が行えます。これは便利です。さらに事故をして不安な状況で、警備会社のALSOKによるかけつけ安心サービスなどの事故対応サポートを依頼することもできるのです。

高性能のカメラで、画像も200万画素あります。事故時の信号の色、相手のナンバーなど夜間でもハッキリ確認できます。これだけ、優れた機能の損保ジャパンのドラレコ特約ですが、あまり広がっていなかったのです。理由は世界的な半導体の不足で、製品の製造が滞っていたからです。それが昨年より解消されてきて、今年になってからドライブレコーダーの生産状況の好転、お客さまからの早期再開のご要望を踏まえ、一定の制約事項はありますが、新規販売を再開しています。

自動車保険にご加入の方でしたら、月額850円でかけつけサービスやドラレコの使用料を含めて、月850円で特約として付帯できます。ぜひ、ライフラインへご相談ください。自動車サービスにに強い弊社ですから、安心して設置も行えます。
このドラレコ特約はドライブレコーダー機能のさらなる活用、事故時における“つながる”安心のさらなる向上のため、ドライブレコーダーとWi-Fiでつながる専用スマホアプリを無料で提供しています。Wi-Fi接続することで、ドライブレコーダー内に記録された動画を専用スマホアプリで簡単に確認できます。

ドライブレコーダーには安全運転診断機能もあります。そこで取得した走行情報をもとに、安全運転特性のスコアが80点以上の場合には、翌年度の自動車保険料を5%も割り引くサービスもあります。損保ジャパンのドラレコの設置で自然と安全運転になりますよね。お客さまの運転特性にもとづいた納得感のある保険料となります。
安全運転のコツは急アクセル、急ブレーキ、急ハンドル、制限速度超過を避けた運転を心がけることです。これで、運転特性スコアで80点の高得点を取得しやすくなります。

損保ジャパンの「Driving!」には様々な特典がありますので、ぜひ自動車保険のご相談はライフラインへお越しください。5月7日(土)から5月22日(日)までDriving!のテレビCMを全国放映します。こちらもご参考にしてください。

 

注)「Driving!」は「ドライブレコーダーによる事故発生時の通知等に関する特約」に付帯されるサービスの名称です。「つながるドラレコ」とは、損保ジャパンが提供する通信型ドライブレコーダーを指します。

月刊おがわ通信

おがわ通信 4月号

保険金を使って住宅を修理しましょう! 
という詐欺まがいの勧誘が増えています

 

火災保険や地震保険の請求事例が起きたら
保険代理店にすぐ相談ください

昨今の自然災害の多発を受けて、保険会社は多くの保険金を火災保険で支払ってきました。しかし、火災保険は火災のみの保険と勘違いしている方も多く、特約によって、台風、大雨、大雪、地震、土砂崩れなど様々な自然災害の被害も火災保険から保険金を支払うことができるのです。


ご自身の加入内容を理解していないため、保険金の請求漏れも多くあるようです。そこに目をつけた住宅修理業者が、火災保険を使うと、住宅の修理ができますと、訪問営業や電話営業を行っています。
中には、火災保険に入っていれば、「保険が使える」と言って強引に勧誘する業者も多く、様々なトラブルが増加しています。
まずは住宅診断と言って、修理が必要そうな箇所を見つけて、保険金の請求サポートを行ってくれるのですが、サポート料は保険金の30%~60%を請求するなど法外な金額になり、修理費用が足りなくなるケースを聞いています。さらに、修理する業者はその会社ですから、修理費用全額とサポート料で高額な利益を得ているのです。悪質ですと詐欺行為です。


自然災害による住宅の損害については、多くの場合、加入しているすまいの保険(火災保険、地震保険等)で補償されます。しかしながら、自然の消耗もしくは劣化または性質によるさびなどによって生じた損害はお支払いの対象とはなりません。あくまでも、不測的、突発的、外来による偶然の事故での被害に対して保険金が支払われるのです。そのため、修理業社が保険金がで出るから修理しましょうと言っても、保険会社の調査で消耗や劣化となったら、一切保険金が出ません。修理代は全額自腹になります。得するのは修理業社だけです。
このような勧誘については、住宅の修理を業者と契約する前に、ご契約している損害保険会社または損害保険代理店へご相談ください。この住宅修理の保険金請求トラブルは一般社団法人日本損害保険協会のHPで事例を紹介して注意喚起しています。ぜひ、ご覧ください。
https://www.sonpo.or.jp/news/caution/syuri.html

 

自然災害の増加で年々火災保険、地震保険の保険料が値上がりしています。保険の制度上、事故率があって保険料が計算されているのですから、当たり前のお話ですが、更新のたびに値上がりするのは、なかなか納得できないのものです。そこで、事前情報です。今年の10月に火災保険の料率改定が予定されていて、さらに火災保険の保険期間が最長5年に短縮されるようです。昔なら35年の保険期間でしたが、近年で10年になり、そして5年が最長期間と時代とともに短縮化しています。これも全て自然災害の増加によるものです。

近々、火災保険の更新がある方などは、保険料の値上がりリスクを避けるために、早めに保険の見直しを行っています。新規加入される方も含めて、今年は火災保険の総点検を行ってみるのが良いでしょう。ライフラインではファイナンシャルプランナー資格を有するスタッフが常駐しています。税務、法務、社会保障、不動産の知識を持って、相談に応じます。是非ご相談ください。来店でも、オンラインでも、電話でもお気軽にお申し付けください。

月刊おがわ通信

おがわ通信 3月号

ちょとしたことで大損害になる時代だからこそ、賠償リスクを真剣に考えましょう

事業活動保険は会社を守ってくれる
大事な保険です

コロナ禍で、まだまだ「まん延防止措置」が続いております。そして、今年の卒業式は一体どうなるんだろうと、ご契約者様のお子様方を心配して日々心苦しくなっています。ワクチンの3回目接種が進んでいますでの、どうか感染拡大がストップして笑顔で卒業式を祝えるように祈っております。

さて、今回は事業を営んでいる方に役立つ話を提供いたします。最近はクレームを言った方が強いという風潮があります。勿論、被害を受けて、迷惑を被ったのならクレームを言って賠償してもらうのは当たり前のことですが、ちょっと違うのでは? と思うことも多々あります。言われたことで加害者になった瞬間、悪者のように扱われますし、ネットの書き込みで炎上しようものなら社会から抹殺される事態になることもあります。賠償責任というのは、民事訴訟がからむと非常に難しい事態になって大事件になってしまいます。私たちは中小企業だから大丈夫ということはない時代です。今回は賠償リスクについて真剣に考えてみましょう。驚くような事例を損保ジャパンの担当者S氏に教えてもらったので紹介致します。

ジャムの種類の違いで1000万円以上の出費

お菓子製造会社が真ん中にジャムが乗っているクッキーを製造していました。ある時、誤ってイチゴジャムを乗せるところを、オレンジジャムを乗せて卸会社へ販売してしまいました。パッケージはイチゴジャムの箱ですので、中身が違うわけです。すると、卸した会社から、もしオレンジにアレルギーがあった子供が食べてアナフィラキーショックで死亡したら大変なことになると事態が大事になったのです。1センチも満たない大きさのジャム違いで、死亡事故が起きるとは思えませんが、卸した会社は販売して全国の小売店へ配送する責任があります。謝罪広告と間違ったお菓子の情報を記事として、全国紙3紙へ載せるように騒ぎました。費用は1千数百万円かかったそうです。小さなお菓子製造会社ですから、1千万円を超える出費は倒産の危機です。しかし、損保ジャパンの保険に加入していて、限度額の1千万円の保険金が出たそうです。自己負担は数百万円で済み、経営危機を乗り切ったそうです。
この保険が事業活動保険なのです。業種に応じて、様々にアレンジできるので、無駄なく卒なく設計できて保険料も以前の賠償保険関係よりリーズナブルですし、時代に応じた細かな特約が開発されていますので、この事業活動保険だけであらゆるリスクをカバーできます。
今回のクッキー事件でのポイントは、アレルギーが出たり、死亡事故が出たりの損害事故は起きていないのに保険金が出たことです。ジャムの過誤によって起きるであろう事故を未然に防ぐ対策費用に保険金が出たのが凄いところです。プロの保険マンとしても、S氏にこの話を聞いて驚きました。何て、良い保険だと! 製造業務過誤賠償責任補償特約でした。 さらに、リコール費用補償特約を付帯していれば、クッキーを回収する費用も保険でカバーできたはずです。残念ながら、その当時はリコールの特約がまだ発売されていなかったので、加入されていませんでしたが、現在では加入できます。

会社のパワハラ問題も解決してくれる

では、もう一つ。都内の不動産会社で営業の仕事をされていた30代の男性が体調を崩し入院しました。営業チーム仲間は心配してお見舞いに行ったり、仕事のカバーをしたりと復帰を応援していたそうですが、残念ながら体調が戻らず退社するとになったそうです。その後、その30代の男性から不動産会社へ訴えが起こされました。上司から無理なノルマを課されたため、無理に夜遅くまで仕事をさせられたと言うのです。また、ノルマを達成しないと仲間の前で怒鳴られて心身ともに疲弊して病気になったというのです。こういうパワハラ問題は最近多く発生しています。昭和の営業はもう古いのでしょう。気合と根性で何度でも断られても訪問しろとか、土下座しろとか言っていた時代から、いまは穏やかに接してお客様本位で営業する時代です。社内の風土も変わらなければいけないのでしょう。上司の方も悪気はないけれども、部下がパワハラと捉えたらパワハラになるのです。私からしたら、今の方が怖い時代です。仕事を辞めざるを得ない状況にさせられたので、賠償請求がされました。相手側には弁護士がついて、訴訟も辞さない構えでしたが、会社は数百万円を支払って示談という形で対応しました。この際も事業活動保険が役立ちました。雇用慣行賠償責任補償特約を付帯していましたので、免責10万円を会社が自己負担して支払いが無事終わりました。
上記2例の様に、クレームから発展した賠償トラブルは年々増えています。時代とともに会社の抱えるリスクは変化してきますので、もし事業活動総合保険を知らなかったり、加入されていない事業主の方がいらっしゃれば、是非ライフラインの経験豊かなコンサルタントに相談してください。御社の抱えるリスクを親身分析し、対応策をプランニング致します。

月刊おがわ通信

おがわ通信 2月号

新型コロナウィルス感染症への備えとして

入院パスポートをご提案します

オミクロン株の感染拡大により、日々関連する報道がされています。新型コロナウイルス感染症

に対する備えとして入院パスポートをおすすめし、お客さまへ安心をお届けください。

と、損保ジャパンより提案がありました。

新型コロナウイルスに感染し、医師の指示のもと自宅やホテルで療養する場合、入院とみなして保険金をお支払いする特別措置を実施しているからです。SOMPOひまわり生命でも自宅待機で入院日額が出ることで話題になりましたが、入院パスポートでも同様のサービスを行うことで、お客様本位のサービスをさらに提供することになりました。

また、入院パスポートが「2021年日経優秀製品・サービス賞」最優秀賞を受賞したことで、今後も話題性のある保険商品として、注目が集まっています。

1.「日経優秀製品・サービス賞」について 「日経優秀製品・サービス賞」とは、毎年1回、日本経済新聞社が主催し、日本経済新聞系列のメディアに掲載されたものの中から特に優れた製品・サービスを表彰するものです。1982年に始まり、今回で40回目となる賞です。損保ジャパンは2015年にスマイリングロードで受賞して以来の 受賞となりました。

詳細は「日経優秀製品・サービス賞2021」公式サイトをご覧ください。

公式サイト:https://www.nikkei.com/edit/news/special/newpro/2021/

2.受賞の背景 今回「入院パスポート」は、AIを活用して最短30分で保険金の支払いを可能にした商品の「開発力」や、保険の加入から保険金支払いまでスマホ完結の手続きを実現している「独自性」、また、 デジタル完結型のビジネスモデルを採用していることから、デジタル化社会においての「成長性」など、その他複数の審査項目で総合的に評価され受賞となりました

保険商品の内容だけでなく、AIを活用した保険金支払いや、時代に合った自分一人でスマホで手続きできる点が評価されています。

とは言っても、自分で保険内容を確認して加入するのは難しいという方々も多いようです。そこで、ライフラインでは電話やテレビ電話(LINEなど)を駆使して、入院パスポートの加入案内も行います。現在加入の医療保険との重複しないように、より充実した医療保険になるよう、サポートいたします。

オミクロン株の猛威によって、まん延防止等重点措置はまだまだ続きそうです。弊社も50%はリモート営業を実施しているため、直接お会いしての保険相談が以前のように行えていませんが、スタッフ一同、電話やテレビ電話での保険相談に慣れてきました。オンラインでの説明も是非ご利用ください。以下、コロナ禍のおいての入院パスポートのポイントをおさらいしてみます。

<加入のメリット>

医師の指示による「自宅療養」の場合でも、入院準備保険金5万円および入院時選べるサポート(10万円限度)をお支払いします。

(注意点)

入院時選べるサポートにおいて、新型コロナウイルス感染症の陽性者、および濃厚接触者 の方のご自宅を訪問する提携事業者のサービス利用はできません。しかし、以下の場合は保険金をお支払いとなります。

 

①療養終了後の身の回りの世話のために、別居のご家族が駆け付けた場合の交通費

②療養中にお世話になった方への贈答品購入費

③介護が必要な別居の親の介護代行サービスを利用

 

<加入のメリット2>

1人暮らしのお子さまなど、遠方のご家族を被保険者としたお申込みも可能

 

<加入のメリット3>

過去に新型コロナウイルスに感染し、自宅やホテルで療養されたことがある方でも、現在療養中でなければお申込みが可能です。

 

(注意点)過去2年以内に新型コロナウイルス感染症で病院に入院された場合等、その他告知事項に該当する場合はご加入いただけません。

 

<加入の注意点>

申込日の翌月1日から保険期間(補償)が開始されます。したがって、3月1日を保険期間の開始日とするためには、2月28日までにお申込みいただくことが必要です。

 

月刊おがわ通信

おがわ通信 2022年1月号

新春

新年あけましておめでとうございます。
旧年中はひとかたならぬご厚情をいただき誠にありがとうございます。
コロナ禍の中、スタッフ一丸となり全力を尽くしますので、引き続きご支援いただきますようお願い申しあげます。
本年も皆様のご健勝とご発展を心よりお祈り申し上げます。

さて、昨年中には損害保険部門、生命保険部門ともに多くのご契約をお預かりさせて頂きました。感染予防の観点から、リモートでのご対応、電話でのご対応が続いております。直接お会いしてご説明できなくても丁寧に保険説明に取り組んできました。しかし、直接お会いするのが本来の営業姿勢でございます。至らぬ点がまだまだございますが、誠心誠意をもって保険相談を行ってまいりますので引き続きよろしくお願い申し上げます。

令和4年 元旦
株式会社ライフライン スタッフ一同

 

年始の緊急連絡先

●自動車保険・UGOKU(移動の保険)の事故受付
事故サポートセンター 0120-256-110 / 0120-258-110(旧日本興亜損保でご契約の方)
ロードアシスタンス専用デスク 0120-365-110 /  0120-040-546(旧日本興亜損保でご契約の方)

LINEでのご連絡

 

●火災・傷害保険などの事故受付
0120-727-110 / 0120-250-119(旧日本興亜損保でご契約の方)

LINEでのご連絡

 

●海外旅行保険の事故受付
海外ホットライン 0120-08-1572 / 海外ホットライン有料 018-888-9547

LINEでのご連絡

 

 

 

月刊おがわ通信

おがわ通信 12月号

年末年始の会合が増えそうな12月。飲酒運転は厳禁です

飲酒運転では

自動車保険も医療保険も保険金が出ない

今年もあっという間に師走です。緊急事態宣言が解除されて、WITHコロナの生活も少しづつ活況というか、以前のように行えることが増えてきていますね。嬉しい限りです。
しかし、12月になってコロナウイルスの強力な変異型が出ました。「オミクロン」と命名された新変異型はワクチンが効かないとか、重症化が凄いとか、感染力が高いとか、最高レベルの警戒が言われています。コロナ禍が落ち着いて、安心して年末年始が迎えられると思っていただけに、不安になります。とはいえ、日本はコロナ対策が成功している国です。地道に消毒、手洗い、うがい、マスクを欠かさず対策していきましょう。

今年の12月は宴会が復活しそう
さて、今回は飲酒についてです。忘年会、クリスマス会、新年会とこれまで自粛していた行事が増えてきています。飲食店での会食人数制限も緩和されて、楽しい時間を過ごすことが増えそうです。そこで、思い出して頂きたいのが飲酒運転の基礎知識です。
飲んだら乗るなは当たり前ですが、飲酒に関する知識を深めてさらに飲酒運転の防止意識を高めましょう。損保ジャパンから発表された資料を紹介します。

居酒屋で飲んでそのまま運転して帰るのはもってのほかですが、実は飲酒した翌日にアルコールが分解されず残っていて、気が付かず酒気帯び運転となるリスクがあります。二日酔いなら自分で判断できますが、その症状がないと、うっかり運転することはよくあることではないでしょうか? 自宅にアルコール検知器を持っている方はなかなかいないですが、タクシー会社、運送会社などは出社に際に検査をする体制が整っています。

ビール350mlは3.5時間でやっと消える
また、コロナ禍で在宅勤務や外出を控える人が増えて、自宅飲酒の習慣化が進んでいるケースがあるそうです。うっかり飲酒運転することもなきにしもあらずです。
そこで、分解時間が分かる資料を紹介致します。アルコールの影響は体重、性別、体質によって個人差が大きいので目安としてください。アルコールの血中濃度は飲酒後15分から2時間後に現れます。量が多いほどそのピークは遅れるそうです。ビール350ml缶を飲んで、アルコールが消えるのは3.5時間。宴会でビールを三杯飲んで(約1000ml)だと10時間。結構時間がかかるものです。

飲酒運転は酒気帯びか酒酔いかの2種

飲酒運転には2つの違反種別があります。酒気帯運び運転と酒酔い運転です。酒気帯び運転とは呼気1リットル中のアルコール量で判断されます。呼気1リットル中で0.15mgが分岐点です。 以下、アルコール量と違反の分類です。そして、酒酔い運転は呼気中のアルコール量とは関係なく、お酒に酔って正常な運転ができない状況で運転をした場合の違反となります。 正常な運転ができない状況とは車の運転に必要な注意力や判断力が失っている状態です。千鳥足で上手く歩けない等、ろれつが回らず上手く話せない等は呼気中のアルコール量に関係なく酒酔い運転と判定されます。

【酒気帯び運転】

呼気1リットル中のアルコール量 0.15mg未満 ➡ 違反とならない

呼気1リットル中のアルコール量 0.15mg~0.25未満 ➡ 免許の停止(13点)

呼気1リットル中のアルコール量 0.25mg以上 ➡ 免許の取消し(25点 欠格期間2年)

※酒気帯び運転の刑事罰となると3年以下の懲役または50万円以下の罰金

【酒酔い運転】

酒酔い運転と判定 ➡ 免許の取消し(35点 欠格期間3年)

※酒酔い運転の刑事罰となると5年以下の懲役または100万円以下の罰金

運転者だけではなく、お酒を飲んでいると知りつつ車両を提供した人には運転者と同じ罰則が与えられますが、その他に、運転者が酒を飲んでいると知りつつ同乗した人、またお酒を提供した人には以下の罰則が定められています。

運転者が酒気帯び ➡ 2年以下の懲役または30万円以下の罰金

運転者が酒酔い ➡ 3年以下の懲役または50万円以下の罰金

飲酒運転は健康保険も全額自腹

最後に保険について重要なことを記します。酒気帯び運転および酒酔い運転時に事故を起こした場合、自分のケガや車両の破損に関して自動車保険の支払いはできません。修理代、入院代、治療費など全て自腹となります。保険対象外です。
しかし、相手方への補償に関しては「自賠責保険」「対人賠償保険」「対物賠償保険」の対象になります。被害者救済の観点から被害者の損害に対する補償は有効とされるためです。また、自動車の同乗者については、原則として「人身傷害補償保険」「搭乗者傷害保険」「無保険車傷害保険」の補償対象となります。
さらに怖いのが公的な健康保険も適用外になることです。3割負担どころか、全額負担ですので治療費は高額になります。さらにさらに、SOMPOひまわり生命などで加入している医療保険も適用外となります。

夜間の事故は飲酒運転が疑われる

極めつけは、飲酒運転をしていなくても飲酒運転の疑いで自動車保険の補償が受けられないケースがあることも覚えておいてください。ズバリ夜間の事故で翌日に警察へ連絡したケースです。事故の直後に警察を呼ばないのは飲酒を隠すためであり、アルコール検査を避けるためと疑われるからです。飲酒の機会が多い夜間や週末などは注意が必要です。事故を起こしたら、すぐに連絡をしてください。

飲酒運転で事故を起こした場合は法律上保険金が出ないことがお分かり頂けたと思います。さらに疑われる行為があると保険金が出ないこともあり得ると知って頂けたと思います。こういう法律に関する知識も含めてライフラインではお客さまと保険相談を行っています。コロナが落ち着いて少し外出も可能となっています。この12月は保険相談の機会としてぜひご来店ください。

月刊おがわ通信

おがわ通信 11月号

多様化するがん治療に対応!長期化しても安心! の「健康をサポートするがん保険 勇気のお守り」

2タイプの保障を選んで、組み合わせれば
最適ながん治療を受けられる

先月に引き続いて、「健康をサポートするがん保険 勇気のお守り」のご紹介を致します。
「健康をサポートするがん保険 勇気のお守り」はがんの3大治療はもちろん、自由診療による抗がん剤治療・ホルモン剤治療や緩和療養でも給付金をお支払いします。そして保障は一生涯。がんの治療が続く限り、給付金をお支払いします(一部回数制限のある保障があります)。

【がん3大治療法】
1手術療法
がんの病巣を切除し、その臓器の周辺組織やリンパ節に転移がある場合は一緒に切除する治療法です。

2放射線療法
がん細胞を根絶したり、骨転移などによる痛みなどの症状を緩和するために放射線を照射する治療法です。

3薬物療法(抗がん剤治療など)
主に抗がん剤の投与(注射・点滴・飲み薬など)によって、体内のがん細胞を死滅させたり増殖を抑えたりする治療法です。

「健康をサポートするがん保険 勇気のお守り」は、お客様のニーズに合わせて3つのプランを選ぶことができます。特約によって、色々と詳細な設計はできますが、まずは大まかに3つのプランを理解してください。
毎月の治療費にそなえるプラン(治療の継続に応じて月ごとに保険金を受けとる)と、一時金100万円単位で治療にそなえるプラン(治療の継続で年1回一時金を受けとる)の2タイプがあります。そして1と2を組み合わせた充実保障プランが3つめとしてプラン設計が可能です。ご相談に応じて、ライフラインの専門スタッフが設計致しますので、いつでもご相談ください。安心のプランをご提供致します。

1 がん治療給付型(月額給付タイプ)
⇒毎月の治療費にそなえたい人向き(治療の継続に応じて月ごとに保険金を受けとる)

2 がん診断給付型
⇒治療前から一時金でそなえたい(治療の継続で年1回一時金を受けとる)

3 1がん治療給付型 + 2がん診断給付型
⇒手厚くそなえたい(一時金を受け取って、さらに月ごとに保険金を受けとる)

では、基本の1と2の説明を行いましょう。

1がん治療給付型(月額給付タイプ)は所定のがん治療の継続で一定金額を月ごとにお支払いします。対象となる治療は以下の通りです。

手術、放射線治療、抗がん剤治療、入院、緩和療法、ホルモン剤治療、がんゲノムプロファイリング検査、先進医療、患者申出療養、がんを適応症として厚生労大臣に承認されている治療、欧米で承認された治療、所定の乳房再建術

通院、入院にかかわらず、上記の治療を受けた月ごとに保険金を受けとることができます。これは高額療養費制度を考えた効率的な保険内容となります。医療費には年収に応じて、月単位で限度額が決まっています。実際には計算式が下記のようにありますが、一般的な年収の家庭の場合月の限度額は10万円程度が目安になります。がん治療は高額な治療費がかかると思われていますが、、月の負担額は10万円程度で収まるのです。がん治療給付型が良いのは治療費ベースで考えれば、自己負担がないように保険金額を設定できて保険料の節約になるのです。通算で120か月(10年)給付しますので、治療が長引いても全く心配ないでしょう。

2がん診断給付型がんの「診断確定」と「治療の継続」で毎年給付金をお支払いします。(回数無制限・1年に1回限度)
がん罹患による収入減少やさまざまな出費の増加をカバーしてくれのが、この診断給付型の特徴です。差額ベッド代、食事代、入院時の衣類や日用品、通院の交通費、家族の看護経費など、治療以外の経費がかかるのががんの治療です。また、診断時にまとまった100万円単位の予算があれば、遠方のがん治療で有名な病院での治療も選択肢として増えます。上皮内がんの場合でも一時金はでます。ここが安心なところです。そして、給付の条件を記します。

[1回目]
初めてがんと医師により診断確定されたとき

[2回目以降]
直前のお支払事由該当日から起算して1年を経過した後に、つぎのいずれかに該当されたとき
①新たにがんと医師により診断確定されたとき
②がん治療のために入院を開始または継続しているとき
③がん治療のための外来治療を受けたとき
④がん治療のための在宅医療による緩和療養を受けたとき

月刊おがわ通信

おがわ通信 10月号

保障内容も保険料も画期的ながん保険が登場

SOMPOひまわり生命

健康をサポートするがん保険 勇気のお守り


新コロナの緊急事態宣言もようやく解除されましたが、皆様の日常生活は以前のように戻ってきていますでしょうか? ワクチンの接種も進んでいますが、専門家はやはり基本の手洗い、うがい、マスク装着を奨励しています。これから朝晩の冷え込みが感じられる季節です。気を付けて過ごしていきましょう。
さて、今回のコラムはがん保険についてお知らせしたいと思います。2021年5月に 日経トレンディで行っている保険大賞2021で優秀賞を頂いた SOMPOひまわり生命の「吸わんトク がん保険」は保険業界でもかなりの話題でした。
しかし、加入はネット限定でしたので、ライフラインのお客さまからも興味があるけど、きちんと説明してもらわないと加入しにくい! もっと細かく保険金額を設定したいのだけど! 様々なご要望を頂いていました。

そんな声を反映してか、この10月2日より、さらに進化したがん保険がSOMPOひまわり生命から発売されます。私も長年がん保険を販売してきましたが、このがん保険は新時代の内容です。保険会社の中でもほぼトップの内容と割安な保険料を実現しています。
それが健康をサポートするがん保険 勇気のお守り 「がん治療給付型」「がん診断給付型」です。保険内容について、画期的な点を何点か列記します。もう10月からは新しいがん保険の設計が可能ですので、ご相談がある方は是非ご来店ください。内容の説明と設計を致します。

2種類の主契約から
ニーズに合わせて選択可能
この保険の特徴として、最新のがん治療実態から、主契約を2種類用意しました。
毎月の治療費をサポートできる「がん治療給付型」と、まとまった一時金を確保できる「がん診断給付型」の2種類です。さらに、この2種類の保障を組み合わせることも可能で、新しいがん保険のカタチを作ることができるのです。予算に応じて、考え方に応じて、分かりやすく設計できるようになったのです。

保険料が安くなった上、
禁煙すると保険料がさらに安くなる
まず、保険料が安くなったことです。他の保険会社とお比較して、同じ内容でも保険料が割安になっています。これは見直しの大きなポイントです。
次に、たばこを1年間吸っていない方には保険料の割引があります。喫煙者のがんリスクは、吸わない人に比べて、がん全体で男性が1. 6 倍、女性が1. 5 倍(出典: 国立がん研究センター「多目的コホート研究の成果」(2016年12月))。
さらに吸っていても禁煙チャレンジ制度があって、契約後に1年間禁煙に成功すると保険料率を変更できるのです。これは凄いですね。 禁煙は自己申告で、病院で検査する必要もありません。

免責期間は保険料を頂きません
加入後3か月は保険料の支払いがない
お客さまの声を取り入れ、ご契約からがんの保障の開始までの3か月間(免責期間)は保険料が発生しない方式を採用しています。これまでのがん保険は加入して90日=3か月間にがんにかかっても保険金が出ないのに保険料を支払っていました。

上皮内がんでも
保険料の払込みが免除となります
上皮内がんの罹患数は年々増加傾向にあります。新しくなった「がん保険料免除特約」では初めてがん(上皮内がんを含む)と診断確定されたとき、以後の保険料の払込みを免除します。これまで上皮内がんはがん扱いされていなかったので、これも画期的なことです。

まずは、今加入のがん保険と比べてみてください
どうですか? SOMPOひまわり生命の「健康をサポートするがん保険 勇気のお守り」は基本的な面、保険料が改良されていますよね。補償内容も現代のがん治療にそった内容に改良されていますので、詳しくは次回の11月号で紹介致します。
いま加入のがん保険との保険料を比べるだけでも大丈夫ですので、ぜひご来店ください。お待ちしています。

月刊おがわ通信

おがわ通信 9月号

9月は認知症について考える世界アルツハイマー月間です

認知症、介護のこと

家族で話し合ってみてはいかがでしょうか

SOMPOグループは、「認知症に備える・なってもその人らしく生きられる社会」を目指し、2018年10月からグループで「SOMPO認知症サポートプログラム」を展開しています。
9月21日の世界アルツハイマーデーおよび9月の世界アルツハイマー月間にあわせ、「“Talk with”話そう。認知症のこと。」をコンセプトに認知症の社会啓発を促すイベントや取組みを実施しています。
親子でも話しづらいのが「認知症のこと」です。決して他人事ではない、そのことについて思うところを夫婦や親子、ときには企業と個人、また社内の役職員同士でも正面から本音で話し合うことが必要だと提唱しています。認知症を話題にすることがもっとオープンになる。そんな「きっかけ」をつくる損保ジャパングループの取り組みです。

9月はアルツハイマー月間

9月になって、認知症をテーマとしたテレビCMの放映(9月上旬放映開始予定)や、冊子「Let’s Talk with 話そう。認知症のこと。」の発行(9月上旬予定)を行ったり、認知症に対する意識調査の公表(9月中旬予定)も行って、キャンペーン的に認知症問題に向き合っていきます。この機会にご家族で認知症になったときのことを話し合ってみてはいかがでしょうか? 結論は急ぐ必要はありません、それぞれの考え方を共有することから始めてみることが大事だと思います。損保ジャパンでのイベント内容を下記に紹介します。興味があれば、ご参加してみてはいかがでしょうか。

認知症啓発イベントの開催内容

(1)損保ジャパン本社ビルのライトアップ

<2021年9月21日(火)19:00~21:00>

2017年から継続して行ってきた認知症啓発・支援活動のテーマカラーであるオレンジ色を使ったイベントとして、世界アルツハイマーデー当日である9月21日に、損保ジャパン本社ビルをオレンジ色にライトアップします。


(2)第5回「共に生きる~認知症を考えるセミナー~」の開催

<2021年9月26日(日)13:00~15:00(予定)>

2017年から毎年実施してきた「共に生きる~認知症を考えるセミナー~」を、今年は ~“Talk with”みんなで話そう~をテーマとして、ウェブセミナー形式で実施します。昨年度は2,000人を超える方に視聴いただきました。今年度も数多くのお客さまにご案内いただくとともに、皆さんからのお申込みもお待ちしています。

参加URL
https://que.digital.asahi.com/question/11005285

 

認知症保険や介護保険の内容を知ろう
認知症のコラムでしたので、弊社が取り扱うSOMPOひまわり生命の笑顔をまもる認知症保険 (限定告知認知症一時金特約付払込期間中無解約返戻金限定告知骨折治療保険)の概要を簡単に説明いたします。認定など難しい面がありますので、保険金仕組みだけですが分かりやすくまとめてみました。詳細はいつもの通り、弊社の専門スタッフにご相談ください。また、今加入されている医療保険に特約を付加して認知症対策の保険にバージョンアップすることも可能ですので、まずはお気軽にご相談してください。

●笑顔をまもる認知症保険 (限定告知認知症一時金特約付払込期間中無解約返戻金限定告知骨折治療保険)

【認知症への対応するなら】認知症一時金特約

限定告知 認知症一時金特約 100万円 の場合①
➡ 軽度認知障害と診断 5万円
➡ その後、認知症に悪化して診断 95万円

限定告知 認知症一時金特約 100万円 の場合②
➡ いきなり認知症と診断 100万円給付

【介護への対応】介護一時金特約

限定告知 介護一時金特約 100万円 の場合
➡ 要介護1以上 と認定された場合などに介護一時金 100万円を受け取れます

限定告知 介護年金特約 36万円 の場合
➡ 要介護3以上 と認定された場合などに介護年金 36万円 を終身にわたり受け取れます

※SOMPOひまわり生命の言う所定の要介護状態の判断基準は、公的介護保険制度の要介護認定基準とは異なります。
※限定告知介護年金特約と限定告知介護一時金特約は対象となる「要介護状態」の範囲が異なります。
※詳しくは、約款別表「対象となる要介護状態」「対象となる高度障害状態」をご覧ください。

月別バックナンバー
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年5月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年11月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年12月
  • 2006年11月
  • 2006年10月
  • 2006年9月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年6月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • 2006年3月
  • 2006年2月
  • 2006年1月
  • 2005年12月
  • 2005年11月
  • 2005年10月
  • 2005年9月
  • 2005年8月
  • 2005年7月
  • 1 ~ 10件 / 全194件

    月刊おがわ通信|月に1回、保険に関する役立つ情報をお届けしております。