月刊ニュースレター

月刊ニュースレター

月刊おがわ通信

2010年4月号 「花粉症」対策について

みなさん こんにちは!

 

いよいよ4月ですね。桜も咲き、すがすがしい季節となりました。

この季節を待ち焦がれている人が多い中で、この季節が大嫌いだという人が増えています。その人たちは「花粉症」にかかっている人たちです。弊社でも10人以上が「花粉症」患者です。私は杉林の多い秩父山中で50年近く暮らしていますが、まだ幸いにも「花粉症」にかかっていません。

 

「花粉症」にかかる人は、年々増加しています。いつ発症するかわかりません。地域差も有りますが、この20年間で約1.5倍増えたと言われています。秩父に転勤してきた損保ジャパンの社員もほとんどが「花粉症」になって転勤して行く状況です。また、子供が10年前に比べ4倍に増えたと聞いて非常に心配です。

 

 

「花粉症」が増えた理由は・・・

*スギ植林による花粉飛散量の増大。日本の森林面積は国土の15%を占め、そのうち12%がスギ・ヒノキ科の木です。

*地球の温暖化によりスギの成長が早まります。

*機密性の高い住宅が多くなり、一度室内に入った花粉が排出されない。ハウスダスト、

ペットの抜け毛等もアレルギーの原因となります。

*食生活の欧米化により日本人の体質が変わってきた。昔からの伝統的な食生活をしている家庭は「花粉症」になりにくいそうです。

*交通網の発展による大気汚染の拡大。ディーゼル排気ガスに含まれる微粒子との因果関係が深い。

*免疫力の低下。昔は寄生虫等も多く免疫力が強かったが、人体がきれいになりすぎその力が花粉に対して向かってしまった。   ・・・・・などです。

 

 

「花粉症」対策

 

(1)花粉を取り込まないことが重要です。自分の周りの花粉を減らすことが大前提

 

<室内の対策>

  • この時期は空気が乾燥しているため、室内の湿度を適度に保つ。
  • 花粉の飛ぶ日中は窓をあまり開けない。
  • こまめに掃除、拭き掃除をする。空気清浄機は空中に飛び交っている花粉にしか効果がない。
  • 掃除機はなるたけ使用せず、ウエットシートなどを使用する。
  • カーテンをしたまま換気をする。
  • 干した布団は掃除機をかける。洗濯物は室内に干す。

 

<外出時の対策>

  • 花粉飛散情報を確認する。
  • 晴れて風の強い日は外出を控える(飛散量が多い)
  • 出かけるときは内側を少し湿らせたマスクをする。使い捨てがおすすめ。
  • サングラス、花粉対策用のメガネを着用。普通のメガネ・サングラスでも眼に

る花粉量を3分の2に、花粉対策用なら3分の1に減らせる。

  • 花粉が付きにくい、すべすべした生地の洋服を着用する。
  • 帽子の着用

 

 

<<帰宅時の対策>

・家に入る前に玄関先で服をはたく。

・洗顔・うがい・眼を洗う・手洗いをする。また洗髪も重要です。

鼻洗いが効果的と言われています。

 

 

 

(2)免疫力を高める

・規則正しい生活をおくる。体の抵抗力=免疫力が落ちると「花粉症」のきっかけとなることも有ります。

・食事は魚と野菜を中心にとる。青魚(イワシ・サバ)のEPAはアレルギーの鼻詰まりを和らげる効果が有ります。

・根菜類・緑黄色野菜・ウナギ・大豆・ごま油も効果が有ります。

・カツオ・マグロ・イカ・タコ・アサリ・なす・竹の子・山芋・そら豆・さといも・

落花生・クリ・そば・香辛料・アルコールは反対に控えてください。

・特にアルコールは神経麻痺から鼻の粘膜をうっ血状態にし、鼻詰まりを助長します。ほどほどに・・・

 

「花粉症」かな?と思ったら医者に行き、早めの治療を行うことにより症状が改善されます。ただし、薬服用時の運転は本当に注意してください。

例年「花粉症」が下火になるのは5月の連休明けと言われています。大変でしょうが、がんばりましょう。

 

なお、現在「花粉症」で通院中だが、生命保険は加入できる?のという質問がこの時期多いのですが、大丈夫です。加入できますよ。風邪は完治するまでは入れませんので注意してください。

月別バックナンバー
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年5月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年11月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年12月
  • 2006年11月
  • 2006年10月
  • 2006年9月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年6月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • 2006年3月
  • 2006年2月
  • 2006年1月
  • 2005年12月
  • 2005年11月
  • 2005年10月
  • 2005年9月
  • 2005年8月
  • 2005年7月
  • 1 ~ 1件 / 全1件

    月刊おがわ通信|月に1回、保険に関する役立つ情報をお届けしております。

    多様な働き方実践企業