月刊ニュースレター

月刊ニュースレター

月刊おがわ通信

2010年8月号 生命保険証券のチェックポイント

皆さま こんにちは!!

いよいよ8本番ですね。
夏休みのスケジュールはお立てになりましたか?
このさも9のお彼岸までくといますので、
体調管理にお気をつけください。
さて、今月生命保険証券見方、チェックポイント
についてお話したいと思います。
弊社実施している無料生命保険相談において、生命保険証券はわかりづらい、
てもわからない、わざとりにくくいてあるとしかえないというお客様のご意見
圧倒的状況です。無料生命保険相談けるにご自身予備知識
たいというお客様にわかりくご説明させていただきます。
下記証券ひなは、日本大手保険会社証券です。このひな証券をもとに説明
していきます。
証券番号 123-456789 ごと配当終身保険(ステップ保険料方式
証券作成日 2004/○/○
保険契約 ○○ ○○ 保険料内訳
被保険者 ○○ ○○ 毎月保険料合計    17,112
昭和○○○○○○ うち契約保険料   2,431
契約年齢○○ うち特約保険料   14,681
受取 死亡保険金受取
○○ △△
なお契約保険料は2006以降28年間3,160となります
契約日ケイヤクビ 契約保険料期間 保険料払込期間
199621平成8 38 12
配当金支払期間 保険料払込期日 保険料払込方法
積立ツミタテ 毎月1から末日まで 保険料口座振替特約
契約内容
1.契約 死亡保険金額 2,500,000 終身シュウシン
2.定期保険特約 死亡保険金額 12,500,000 2006 まで 65まで自動更新
3.収入保障特約 基本年金額 1,500,000 2006 まで 65まで自動更新
4.特定疾病保障定期保険特約 死亡保険金額 3,000,000 2006 まで 80まで自動更新
5.傷害特約 傷害保険金額 10,000,000 2006 まで
6.災害割増特約 災害死亡保険金 10,000,000 2006 まで
7.災害入院特約本人 災害入院給付日額 10,000 2006 まで 80まで自動更新
8.疾病入院特約本人 疾病入院給付日額 10,000 2006 まで 80まで自動更新
9.成人病医療特約本人 成人病入院給付日額 5,000 2006 まで 80まで自動更新
その内容 解約
指定代理人請求    保険配偶者様 1 223,500
2 242,670
転換契約  契約のうち転換価格による保険金額   450,000 3 261,230
5 305,070
収入保障特約年金は10支給 10 448,670
15 675,530
20 1,006,760
30 2,228,530
のエリアは契約形態です
契約者とは 保険料支払っている契約変更についてたる権利っている。
保険 保険をかけられている
受取 被保険者死亡したら、保険金れる
契約形態ると贈与税高額税金がかかります。
税法上問題がないかチェックが必要です。
のエリアは保険料です
毎月保険が17,112ということ。契約特約保険料合計となります。
何歳までこの保険料なのか。将来アップするのかかをチェックします。
契約内容をみると65まで「自動更新」となっています。ここがチェックポイントとなります。
自動更新」がるとほとんどの保険は「定期保険特約終身保険」です。
10ごとの契約自動更新に、契約特約部分保険料がアップしていきます。
更新後保険料はその時点予定利率によるため、別紙記載されているケースがい。
のエリア
契約日契約(このケースでは終身保険)の保険料払込期間となります。
保険料毎月口座としとなります。
のエリアは保障内容となります
このエリアが一番重要で、またわかりにくいところです。
まず、契約特約見極めをしてください。
契約は「終身保険」で保険金額は250万円です。
もし万一病気死亡したらこの保険でいくらわれるかを計算してみましょう。
災害・・・」とか「傷害・・・」はケガにする保険ですのできます。
    1.終身保険                                 250万円
    2.定期保険特約         1,250万円
    3.収入保障特約         1,500万円(150万円×10
    4.特定疾病保障定期保険     300
合計 3,300万円支払われます。
一番問題は、この保障がいつまでくかです。
この保険本当終身は250万円部分だけです。部分は10終了しまいます。
特約自動更新延長できますが、65あるいは80までとなり、10ごとに保険料
アップします。
のエリアは解約返戻金となります。
支払った保険料解約返戻金差額本当保険料負担となります。
いかがでしたか?保険証券内容ることは、保険見直しをするためにはもっとも
大切作業です。わかりにくいところもあったといます。またって解釈をしてしまうと
大変なこととなります。
そのためには一度専門にまかせて、分析してもらったらいかがでしょうか。
弊社では、AFP有資格者生保専門スタッフが無料生命保険相談っております。
気軽におかけください。

月別バックナンバー
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年5月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年11月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年12月
  • 2006年11月
  • 2006年10月
  • 2006年9月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年6月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • 2006年3月
  • 2006年2月
  • 2006年1月
  • 2005年12月
  • 2005年11月
  • 2005年10月
  • 2005年9月
  • 2005年8月
  • 2005年7月
  • 1 ~ 1件 / 全1件

    月刊おがわ通信|月に1回、保険に関する役立つ情報をお届けしております。

    多様な働き方実践企業