月刊ニュースレター

月刊ニュースレター

月刊おがわ通信

2011年9月号 自然豊かな秩父の美味しい湧水をご紹介

皆さんこんにちは!

そばの花

暑かった夏もようやく峠を越えたようです。今夏は15日周期で暑くなったり、涼しくなったりで体調管理も大変でしたね。
そろそろ秋刀魚が美味しくなる時期ですが、海水温が高く秋刀魚はまだ南下していないので、今年も不漁になる可能性が高いそうです。また、全サンマ連は、原発事故から100キロ以内は操業を自粛すると発表しました。現在はロシア・北海道沖の操業ですので安全上問題はないとのことです。

福島原発の事故発生以来、放射性物質が東北・関東を中心に拡散してしまいました。東京の浄水場の汚泥の中から放射性物質が発見され話題になりましたが、
ヨウ素、セシウム等が○○シーベルトとか○○ベクレルとか発表されますが多いのか、少ないのかよくわかりません。なにしろ放射性物質は見えないし、匂いも無いし本当に始末が悪いですね。秩父市では浄水場での放射能検査を実施しており、HP上で公表しています。現在のところ放射性物質は検出されていません。

人間の体の約60%は水分でできています。人間にとって「水」は本当に大切なものです。今月は「水」について考えてみましょう。

日本の年平均降水量は、世界の年平均降水量の約2倍。しかし、決して水が豊富な国とは言えません。日本の国土は3分の2が山地。河川が急峻で流路が短く、降った雨はすぐに海へと流れていきます。結果的に降雨量は多いが大部分は水資源として利用されず、けっして水環境に恵まれているとは言えません。
秩父に住んでいると水不足は感じませんが、関西以西では毎年のように水不足のニュースが流れますよね。日本人平均で毎日1人当たり約240L~330L使っているそうです。降雨量は年々減少傾向です。節水に取り組みましょう。

秩父はご存知のとおり「水」が美味しいところです。自然豊かな秩父には美味しい湧水が出ている所がありますのでご紹介します。

<不動名水>
秩父市荒川久那・秩父鉄道浦山口駅より徒歩1分 カツラの大木のそばから湧き出ている水で、体に良い水として人気。近くには橋立鍾乳洞・秩父さくら湖(浦山ダム)があり観光スポットとしても人気があります。

<生川の延命水>
秩父郡横瀬町横瀬・西武鉄道横瀬駅より車で25分
武甲山中腹に湧く名水で、夏でも冷たい水で人気があります。延命水を飲んだ後は近くの札所(6番卜雲寺・7番・法長寺)を巡ってみるのもいいですよ。

<毘沙門水>
秩父郡小鹿野町藤倉・秩父鉄道秩父駅より車で60分
カルシュームを多く含む水と知られています。遠方からわざわざ水を汲みに来る人がいる人気の水です。近くにはみどりの村・西秩父桃湖(合角ダム)などがあり、西秩父の観光を楽しむことができます。

<ふれあい水>
秩父郡小鹿野町藤倉・秩父鉄道秩父駅から車で70分
毘沙門水よりさらに奥地にあり、健康に良い水として人気。

上記4カ所は沢山のポリ容器を持って、車で水汲みに訪れる人が多い人気スポ
ットです。ドライブがてら一度行ってみてはいかがですか。

昔は水など買うものじゃないと思っていましたが、スーパー・コンビニでは色々な種類の水(ミネラルウオーター)が販売されています。けっこう水も高いですよね。「秩父源流水」という商品は秩父市大滝の大血川渓谷の支流から採水しています。これも美味しいですよ。また「秩父天然水満願」は温泉水を利用したミネラルウオーターでアルカリ性ミネラルを多く含んでいるそうです。

「水道水」はまずいと我々は思いがちですが、水道水には意外な効用があります。水道水は、水道法により蛇口から出る水道水の中に0.1mg/L以上の塩素が残留していることが義務づけられています。この塩素は強い酸化力を持っており、この酸化力により水のにおいを除去したり、病原菌微生物の殺菌を行うことができます。一般細菌やインフルエンザウイルスは塩素に弱く容易に消毒できます。生で食べる野菜や果物は水道水で良く洗うことが、家庭でできる食中毒を防ぐ方法となります。

暑い夏の間は「がんばるぞ」という張りつめた気持ちが、涼しくなってくると「ホッ」として気が緩みます。夏の疲れがでるのがこの時期です。冷たいものの摂りすぎで胃腸も疲れていると思います。食事をしっかりとり、十分な睡眠を心がけてください。

月別バックナンバー
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年5月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年11月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年12月
  • 2006年11月
  • 2006年10月
  • 2006年9月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年6月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • 2006年3月
  • 2006年2月
  • 2006年1月
  • 2005年12月
  • 2005年11月
  • 2005年10月
  • 2005年9月
  • 2005年8月
  • 2005年7月
  • 1 ~ 1件 / 全1件

    月刊おがわ通信|月に1回、保険に関する役立つ情報をお届けしております。

    多様な働き方実践企業